SOAP LAND
SOAP LAND
SOAP LAND

ソープ嬢に説教系の客はノーセンキュー

ソープ嬢に説教系の客はノーセンキュー

ソープ嬢に説教をするような男性は、今では都市伝説かと思っていましたが、未だに意外といたりするようですね。ソープ嬢の立場からも、その他風俗嬢の立場からも言っても、風俗嬢に説教をかますようなお客は、もうこなくっても結構ですと言いたいでしょうね。
それにソープ嬢だけではないにしろ、気に入ったデリヘル嬢ですとかホテヘル嬢、それに性感エステバイトの女の子なんかにも、「こんなアルバイトやめた方がいいよ」などといって、風俗バイトは辞めなさい的なことをさとしてくるんですよね。
それはまあ別にいいのですが、最近の風俗嬢に説教をする客は昔とはちょっとタイプが違って、アプローチも兼ねて風俗嬢に説教をしているようです。ですから、端的に言えば「僕だけはあなたを違ったように見ている」「あなたはこんなところでアルバイトするような女性ではない」「早く風俗バイトから足を洗った方が良い」「僕はちゃんとわかっているよ」「風俗バイトをしていても心はキレイだっていうことを」といったように、恋愛アピールではあるのでしょうけれど、しかしハッキリ言ってうざいだけであったりしますからね。
それよりもこまめに指名してくれて、お金をたくさん払ってくれる人の方が好感を抱くお客さんだったりします。ですので、気が合っても、くれぐれも風俗嬢をさとしにかかったりしないようにしてもらいたいです。

ソープ嬢の引き抜きはトラブルの元に

可愛い女の子がソープにいれば、当然のことながらお客さんの指名が殺到する訳ですが、それと同時にある動きが起きます。そのお店を辞めさせて、自分が経営するお店に来てもらおうとする引き抜きです。一応、表向きにはこれらの行為はしてはいけないとされていますが、職業選択の自由というのが日本にはある訳で、これらを実質的に規制できないのも事実なのです。なのでバレない範囲内でのソープ嬢の引き抜きは頻繁に行われています。
しかし相手側に怪しいと思われる可能性はありますし、何らかの嫌がらせをされる事もあるようです。所謂普通の人がソープの経営をしている様な場合なら安心ですが、ある特定の人達が経営している様なお店ですと嫌がらせも慣れていますから困った事になります。その場合は幾らかのお金を支払うことで決着させる事があるようです。一人につき200万円とかそんな感じですね。法的に問題ない行為であっても、業界内での暗黙のルールを破るとこのような事態に発展する例もあるのです。
ソープでは同業者の方の利用はお断りとされていますが、それには引き抜き防止の意味があるのです。トラブルが起きると大変なので、できればしない方が身のためでしょう。

TOP
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加